八尾ヤミ金事件融資犯罪

八尾ヤミ金事件

八尾ヤミ金事件の概要

事件の発生は2003年6月に大阪府八尾市で清掃作業員のAさん(享年61歳)その妻Bさん(同69歳)とBさんの兄Cさん(同81歳)の3人がJR関西線の踏切で自殺(心中)しました。理由はヤミ金融に借金をしてしまい、違法な取り立てに苦しめられてのことです。
この凄惨な事件のため、2003年7月にヤミ金対策法が成立しました。

 

八尾ヤミ金事件の詳細

2003年6月14日午前0時5分頃、八尾市内の踏切で発生しました。JR関西本線(大和路線)の最終電車が八尾駅ホームを出発し、700m先の安中第2踏切に差し掛かった時、3人(Aさん、Bさん、Cさん)が飛び込み自殺をしました。
借金を苦にした心中なのですが、それは悪質なヤミ金からの借金で酷い取り立てを苦にしたものです。

 

2002年にAさんは、勤めていた紙メーカーを定年退職しました。その後は夫婦でアルバイトをして生計を立てていましたが、Aさんが入院したり、Bさんの兄のCさんも入院したり、内職の材料費や帰省費用のため消費者金融で借金をするようになります。しかし、消費者金融への支払いが滞りだし、返済できずに、ついには自己破産をすることになりました。
しかし、自己破産後に東京のヤミ金業者などからダイレクトメールが頻繁に届くようになり、電話もかかってくるようになったのです。
これは、自己破産者の名簿がヤミ金に売られているということです。自己破産をすれば、もう消費者金融やクレジット会社、銀行などでは借金を出来ない為、ヤミ金融からすれば絶好のカモということになります。
Bさんは、自己破産で借金は帳消しになったものの、夫であるAさんの債務が残っていた為に、Bさんは3万円の借入をヤミ金からしてしまいます。
ヤミ金業者は、3万円の半分の1万5千円(半分は利子の先払い)をすぐに振り込んできたそうです。
Aさん夫婦は、その後わずか43日で13万5千円のお金を払いました。
しかし、それでも元金はまったく減っていません。
そして、勤め先にも催促の電話が毎日、頻繁にかかり、更に団地の隣近所に深夜に電話がかかるようになります。
それに耐えられなくなったAさん夫婦は、他のヤミ金からくるダイレクトメールから借金をして返済します。(システム金融)
それで、心中する直前までヤミ金に支払った金額は、合計200万にもなりました。

 

その後大阪府警が、全国の県警などと連携を組み26人を逮捕し、全国的なヤミ金組織の全容を解明しました。

 

 

ヤミ金で借りてはいけません

ヤミ金で借りるのは身の破滅です。もしどうしてもお金が必要でしたら消費者金融で借りましょう。
万が一返済できなくなれば自己破産出来ますので大丈夫です。しかし、ヤミ金は元から法律は無視ですので大変危険です。
推奨サイトフリーキャッシング比較情報